芦屋 西宮 東灘 豊岡 甲南山手 深江 岡本 摂津本山 骨盤調整 背骨 矯正 肩こり 腰痛 カイロプラクティック 健康 栄養 整体と違う
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Shock,子宮頸がんワクチン,Shock!4- 芦屋 東灘 西宮 腰痛 頚椎 骨盤矯正 肩こり
Shock,子宮頸がんワクチン,Shock!4  
            - 芦屋 東灘 西宮 骨盤矯正 肩こり 腰痛 頚椎



痛み・コリでお悩みの方は⇒ こちら



Shock,子宮頸がんワクチン,Shock!1Shock,子宮頸がんワクチン,Shock!2、Shock,子宮頸がんワクチン,Shock!3の続きです。



子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんを引き起こすとされているヒトパピローマウイルス(以下HPV)の感染を予防するワクチンです。
HPVの中でも15種類が子宮頸がんの原因とされていますが、ワクチンはそのうちのたった2種類にしか効きません。
2/15にしか効かないなんて、心許無いように感じるのは私だけではないでしょう。
こんなんでほんとに意味があるのでしょうか?


このワクチンは粘膜を通らず体内に入ってくるので、粘膜に適正な免疫が形成されず効果がないともいわれています。
え、そうなんや!




実際には、これらの発がん性HPVに感染しても90%以上は免疫により体内から自然に消えるため、子宮頸がんに進展するのは約0,1~0,15%と極僅かといわれています。
(子宮頸がんになるまでには通常、数年~十数年かかると推測されています)
これだけ少ないのなら、HPVはほとんど関係ないように思えます。



さらに、このウイルスは子宮頸がんと直接関係がないという説もあります。
ヒトパピローマウイルス自体は、ごくありふれたウイルスであり、健常者の命を危険にさらすようなものではないということなのです。

その根拠として、FDA(米国の食品医薬品局)は2003年3月31日の報道機関発表で「HPV感染が子宮頸癌と関連性がない」と認めていた事実があります。


そのような事実があったにもかかわらず、なぜ数年後にHPVワクチンの接種へと流れが変わってきたのでしょうか???
9割も消えてしまうHPVのために、効かないワクチンを副作用の危険を冒してまで接種しないといけないとは納得がいきません。







次回は子宮頸がんの検診について驚きの情報をお届けしたいと思います。





 芦屋市 | 西宮市 | 東灘区 | 甲南山手  | 芦屋川 | 深江 | 岡本 | 豊岡
 近辺で、カイロプラクティック ・ 整体をお探しなら!





たなかカイロプラクティックオフィス
 兵庫県芦屋市清水町1-9

 予約電話番号  0797-35-6878


豊岡分室 (火曜日)
 兵庫県豊岡市昭和町1-5



グルメ・街・音楽情報はこちら


お気に召したら‘拍手’をお願いします!
   ↓↓↓

トラックバック
TB*URL

© 芦屋市 甲南山手 たなかカイロプラクティックオフィス. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。